​小袖海岸エリア

Kosode Coast​

小袖海岸の入り口までは久慈駅から車で10分程度。リアス式海岸の入り組んだ地形に沿って走る道路からは、迫る山と海のダイナミックな自然を体感できます。奇岩として有名なかぶと岩やつりがね洞もこの海岸沿いにあります。小袖漁港周辺はドラマ「あまちゃん」のメインロケ地となったことで一躍有名になり、今でも多くのファンが「聖地巡礼」に訪れます。

 

毎年8月第1日曜日には小袖漁港と海女センターを会場として「北限の海女フェスティバル」が開催され、この日限り素潜り実演が無料で見学できます。ウニなどの海産物が浜値で直売されるほか、制限時間内にウニをいくつ採れるか競う「ウニ採り名人戦」などのイベントが人気です。

​小袖海女センター

震災時の津波により全壊しましたが、平成27年に再オープンしました。実際に漁をする海女さんがロケ地を訪れる人を年間を通じておもてなししています。

建物の目の前にある実演場で素潜り実演を見学することができます。「あまちゃん」劇中の素潜りのシーンはこの実演場で撮影されました。

【1階】受付(実演見学チケット販売)、お土産コーナー

【2階】資料展示

【3階】軽食コーナー/あま塩ソフト、まめぶ汁、うにごはん、生うに丼(※期間限定)など

【4階】展望スペース

【住所】久慈市宇部町24-110-2

【電話】0194-54-2261

【営業時間】9:00~17:00(悪天候時、年末年始休業)

​KOSODE Ama center

​北限の海女素潜り実演

久慈市は海女の素潜り漁の北限と言われており、7月から9月末までの期間は実際に素潜り漁を見学することができます。実演終了後には、海女さんが目の前で割ってくれた採れたてのウニを味わうこともできます。今までウニが苦手だった人も大好きになってしまうほど、採れたてのウニの味には誰もが驚きます\(‘jjj’)/  

【開催日】7/1~9/30までの土日祝日に1日2回開催

①11:00~②13:00~(各回20分程度)

※平日は10名以上の団体向け予約制です

【見学料】1名500円(※海女センター1階でチケットをお買い求め下さい。)

※生ウニ1個800円~(時価)

※天候や海の状況により実演が中止になる場合があります。

【問い合わせ・団体予約】0194-54-2261

Hokugen-no -Ama Diving show

​北限の海女フェスティバル

毎年8月第1日曜日に開催される小袖地区最大のイベントです。この日は素潜り実演が無料で見学できるほか、制限時間内に網でウニをすくう数を競う「ウニ採り名人戦」や、海女さんがくじを潜って拾う「海女くじ」など様々なイベントが開催されます。テレビでも度々取り上げられる牛乳瓶入り生ウニやホヤなど新鮮な海産物が浜値で直売され、毎年多くの人で賑わいます。

【日程】毎年8月第1日曜日

【会場】 小袖漁港周辺/ 駐車場あり

(混雑時は舟渡海水浴場駐車場からバスをご利用下さい)

【問合せ】

イベントについて:0194-52-2123(久慈市観光交流課)

素潜り実演について:0194-54-2261(小袖海女センター)

Hokugen-no-Ama festival
 

小袖海岸の道路沿いの崖にある美しい滝です。増水時には2本目の滝が現れることも。冬には氷瀑が見られることも。

五丈の滝

GOJO NO TAKI FALLS

久慈駅から車で約20分

6月~12月の第3日曜に開催される朝市です。 旬の海産物が即売されるほか、その場で味わえる浜焼きや、併設されている浜のかぁちゃん食堂の定食も人気です。 ※9時~商品がなくなり次第終了

二子朝市

FUTAGO ASA-ICHI MARKET

【問合せ】0194-53-5280(二子漁業生産部)

【住所】長内町43-8

久慈駅から車で約15分

舟渡(ふなど)海水浴場は岩手県の水質検査でAAAの評価を受けています。例年海の日に海開きイベントが開催され、家族連れで賑わいます。

舟渡海水浴場

FUNADO BEACH

【問合せ】0194-52-2123(久慈市観光交流課)

【住所】長内町44

久慈駅から車で約15分

海女センター裏の崖の上、坂道を10分ほど登ったところにあります。「あまちゃん」劇中でヒロシが監視のアルバイトをしていた場所です。 現在も実際に監視小屋として使用されており、中に入ることはできません。

監視小屋

MONITORING HUT / SHOOTING PLACE OF AMACHAN

【場所】小袖漁港

久慈駅から車で約25分

小袖海岸へ向かう「あまちゃん街道」の入り口の高台にある神社です。畠山重忠が北へ逃げる義経一行をここで追い詰めたものの、同情しわざと弓を外したという伝説が残っています。

諏訪神社

SUWA SHRINE

【電話】0194-53-2577

【住所】長内町35-98

久慈駅から車で約10分

以前は大きく開いた洞穴の中につりがね状の岩があり、夫婦があの世へ旅立つときにここで落ち合い、その鐘をついて極楽浄土へ向かうという言い伝えがありました。岩は明治29年の大津波で流されてしまいましたが、夏至の前後の期間にはその洞穴から朝日が昇ります。

つりがね洞

TSURIGANE-DO ROCK

久慈駅から車で約20分

画像の右側が女岩、左が男岩で、2つの大岩が1本のしめ縄で結ばれ、男岩のてっぺんには赤磯大明神が祀られています。津波でも縄が切れなかったことから縁結びや夫婦の絆を強めるパワースポットとしても知られています。

夫婦岩

MEOTO-IWA ROCK

【場所】小袖漁港

久慈駅から車で約25分

漁港の堤防の先端に建っているのが「あまちゃん」オープニングや劇中にも登場した、小袖海岸のシンボルとも言える白い灯台です。 高波の際は通行できない場合があります。また、危険防止のため堤防の上に登ることはできません。

灯台

LIGHTHOUSE / SHOOTING PLACE OF AMACHAN

【場所】小袖漁港

久慈駅から車で約25分

久慈湾と太平洋を一望できる展望台。

赤浜展望台

AKAHAMA OBSERVATION DECK

【問合せ】0194-52-2123(久慈市観光交流課)

【住所】長内町44

久慈駅から車で約15分

先端が武将のかぶとの飾りのようにとがった形をしていることから「かぶと岩」と呼ばれています。

かぶと岩

KABUTO-IWA ROCK

久慈駅から車で約20分

海女クラブのメンバーが歌いながら歩いたり、オタクが押し寄せた際に駆け下りてきた坂道です。

坂道

SLOPE WAY / SHOOTING PLACE OF AMACHAN

【場所】小袖漁港

久慈駅から車で約25分